TypeScriptについて

TypeScriptとは

Microsoft社製のaltJS。
altJSなのでJavaScriptにトランスパイルする必要がありますが、 TypeScriptを使用することで下記のメリットが受けられます。

  • 静的型付けを行うことが出来る
  • 型定義ファイルを用いることが出来る
  • IDEで強力なコード補完を受けることが出来る
  • コンパイル時にエラーを検知出来る
  • IDEデバッグを行うことが出来る

静的型付けと型チェック

例えば、Personクラスを定義します。
constructorの引数の型をstringとして定義しています。

class Person{
    private name: string;
    public getName(): string{
        return this.name;
    }
    constructor(name: string) {
        this.name = name;
    }
}

引数にnumberを入れてみると。。。

f:id:mt9116:20171203231040p:plain

型が違うよって怒られます。
このように静的に型チェックを行うことが出来ます。

型定義ファイル

型定義ファイルは.d.tsファイルで作成します。
自作することも出来ます。
有名なJSライブラリなら既に型定義ファイルが公開されています。
型定義ファイルの管理には「typings」を用います。
typingsについてはまた後日記事を書こうと思います。

コード補完

IDEでコード補完を行うことが出来ます。

f:id:mt9116:20171203230838p:plain

デバッグ

IDEデバッグを行うことが出来ます。

f:id:mt9116:20171203230452p:plain

最後に

PlayGroundでTypeScriptを試すことが出来ますので、気になる方はお試しください。